即日20万借りる方法と返済について

即日20万借りる方法と返済について

金融機関探しはネット検索が便利

お金を貸してくれる金融機関は、銀行や貸金業者など、世の中には沢山あります。しかし、その日中に20万円借りるためには、絶対に即日融資の金融機関でなければなりません。審査に数日かかってしまうようなローン会社では駄目です。また、申し込み手続きで記入ミスなどをしてしまうと手続きのやり直しとなってしまい、実際にお金が手に入るのは翌日以降になってしまう危険がありますので要注意です。いずれにせよ、その日中に融資が可能な金融機関など、本気で探せば見つけ出すのにそんなに苦労はしないはずです。特にインターネットの検索機能を活用すれば、手頃な会社は比較的簡単に沢山見付かるはずです。

検索キーワードは、たとえば「即日20万、キャッシング」など、ごく単純なもので大丈夫です。それから20万円というお金は、一般的な銀行カードローンや消費者金融のキャッシングとしては、ごく平凡な借り入れ金額と言えます。ですから20万円を借りるハードルは、全然高くはないと考えられます。ただし主婦や学生、その他、属性が低い人は要注意です。たとえば平均的な経済力や信用力のあるサラリーマンであったとしても、既に他社から多額の借金を抱えているようなら問題です。そんな人では20万円の融資をカードローン会社に申し込んでも、審査に通らない可能性は高いと考えても間違いではないでしょう。

また、主婦や学生など、人によっては総量規制にも注意しなければなりません。総量規制というのは簡単に言うと、「最大でも年収の三分の一を超えるようなお金は借りることができない」という意味の規制のことです。それは貸金業者にのみ適用されるのですが、その日中に20万円借りるには貸金業者は有力な選択肢の一つですので要注意なのです。たとえばアルバイトで毎月5万円稼いでいる大学生が貸金業者のキャッシングでお金を借りるとなると、年収に換算すると60万円になりますので、総量規制によって最大でも20万円くらいしか借りられないということになります。

しかも実際に申し込んでも必ず審査に通ってくれるわけではなくて、落ちてしまうこともあるのです。それゆえに20万円という金額が総量規制に抵触しそうな人にとっては、その金額を借りるのはハードルが高いと言わざるを得ません。ちなみに年収60万円の人では、10万円くらいならば普通に審査に通ると考えて間違いないでしょう。しかし20万円では審査に通るかどうかは微妙になってくるというのが現実でしょう。ですから確実に審査に通るためには、できれば年収は100万円くらいあると安心だと言えます。

 

油断すると返済トラブルを起こしてしまう

金融機関から借りたお金を返す方法は、一括で返す場合は、元金に利息をプラスして決められた期日を守って返すことです。それからリボルビングで毎月少しずつ返す場合なら、完済の日を迎えるまでは返済約定日に口座残高不足にならないようにしっかりと預金の管理をすることが大切です。それさえ遵守できるなら、何の問題もありません。しかし、たとえ20万円という比較的少額のお金であったとしても、借りたお金を返す際には絶対に油断は禁物です。なぜなら人生というものは、今日までは全然お金に困っていなくても、明日には何らかの原因で突然の金欠のピンチに見舞われてしまう可能性があるからです。

たとえば病気や事故などは、いつ起こるか分かりません。実際にその時がやってくるまでは、誰にも事前に分かるわけはないのです。それゆえに安全で確実な完済のためには、十分に余裕のある計画を立てることが重要であり、余裕の無いギリギリの計画では駄目だという結論になります。また、特に注意しなければならないのは属性の低い人です。たとえば年収400万円の人と年収100万円の人とを単純に比較すると、20万円返すのは年収100万円の人のほうが間違いなく苦労が大きいはずです。ですから属性が低くて経済力が弱い人は、尚更余裕のある計画が必要になるのです。

しかし、だからといって年収400万円の人も20万円という借金を甘く見てはいけません。少額の借金を甘く見る人ほど、今は大丈夫でも将来的に多重債務などの借金問題を抱えやすい傾向があるのです。そのことは肝に銘じておきましょう。ちなみに借金を返す時は、確かに安全第一ですが、利息の負担軽減についても忘れてはなりません。そのためには少しでも低金利で借りるように努力することはもちろんですが、借り入れ日数にも注意しなければなりません。と言うのも、一般的なカードローンやキャッシングは、利息は日割りで計算されるからです。つまり、一日返すのが遅れれば一日ごとに利息が加算されて増えてしまうのです。

それゆえに借りたお金とは、一日でも早く返せば利息の節約になるのです。ですから毎月のリボルビング払いで返し続けるような場合でも、ボーナスをもらったりして生活に余裕のある月には、可能な限り繰り上げ返済を活用するべきです。そうすれば、その分、確実に利息の支払い負担を小さくすることができます。それが賢い消費者のお得な借金の返し方であり、是非とも活用したい良き方法なのです。